債務整理における弁護士と司法書士の違い

結局のところ、弁護士と司法書士、どちらに依頼するのが良いの?

弁護士はあらゆる借金全てに対応できる融通の利きやすさが特長ですが、費用に関しては司法書士の方が安めに設定されています。
最終的にどちらに依頼するかはご自身の判断が必要ですので、まずは無料相談を利用して、ご自身の借金の状況を把握した上で、最適な解決方法のアドバイスをもらいましょう。

弁護士に依頼したい借金相談
多重債務、又は多額の借金を抱えている→額によっては司法書士に扱えない案件になります。
個人再生、自己破産の手続き全てを専門家に任せたい→司法書士の場合は書類作成はできますが、代理権がないので、申し立ては「本人申し立て」となります。 本人が裁判所や破産管財人事務所に行かなくてはならない為、勤めている人にとっては不都合に感じる事が多いようです。
司法書士に依頼したい借金相談
過払い請求額、借金総額が140万円以下→少額の借金の場合は、司法書士の方が費用が抑えられる事が多いようです。
書類作成代行のみを依頼したい→個人再生、自己破産は、司法書士には代理権がないので書類作成のみとなります。 司法書士に個人再生、自己破産の依頼をする場合は、申し立ては「本人申立て」の扱いになります。

< 一覧へもどる


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。