債務整理における弁護士と司法書士の違い

全ての司法書士が簡裁の代理権があるわけではない

司法書士は、依頼者に代わり、裁判所・検察庁・法務局などに提出する書類の作成、手続き等を主な仕事としています。

2003年には司法書士法の改正によって、特別研修を受けて法務大臣から認定を受けた認定司法書士には、簡易裁判所での代理権が与えられるようになりました

債務整理に関しては140万円以下であれば弁護士と同等に過払い金返還請求や任意整理の代理権が与えれれています。

認定を受けていない司法書士は、簡易裁判所での代理権はありませんので、従来の書類作成のみとなります。

需要の高まりと共に認定司法書士は増えていますが、 司法書士によって得意とする分野、力を入れている分野が違う為、債務整理の経験が乏しい事務所もあります。

簡易裁判所における代理権はありませんので、債務整理を専門家に任せたいと考えているのなら認定司法書士に依頼するのがベストです。

< 一覧へもどる

安心&確実な借金解決なら実績豊富の「弁護士」がおすすめ

弁護士への相談が何度でも無料
全国OK、24時間365日OKなど
柔軟な対応が可能です。


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。