債務整理における弁護士と司法書士の違い

弁護士、司法書士のそれぞれの業務範囲

債務整理は弁護士、及び司法書士に依頼するのが一番速やかに面倒なく解決します。
債務整理の業務として、交渉・代理権(和解交渉、訴訟代理、申立代理)、書類作成(訴状・申立書の作成)などがありますが、司法書士の業務範囲は司法書士法で定められている通り、弁護士に比べて制限があります。
その主たるものが、借金総額・請求金額や債務整理内容による交渉・代理権の有無です。

簡単に言うと、司法書士は、過払いの請求金額、借金額が140万円以下、簡易裁判所が扱うことのできる借金にのみ、交渉・代理権が与えられています。
※140万円以下の解釈について現時点では2通りの考え方があります。詳しくはこちら

140万円以下の過払い金返還、任意整理
司法書士でも交渉・代理権がある
140万円超えの過払い金返還、任意整理
司法書士では交渉・代理権がない
(書類の作成のみ可能)
個人再生、自己破産
地方裁判所管轄の為、交渉・代理権がない
(書類の作成のみ可能)

つまり、弁護士は借金額、債務整理の内容にかかわらず依頼することができますが、
司法書士の場合、140万円を超えるものは、訴状・申立書の作成までとなります。

また、司法書士が交渉・代理権が与えられているのは簡易裁判所のみなので、地方裁判所が管轄の個人再生、自己破産では和解交渉、訴訟・申立代理は行えず、こちらも書類の作成までとなります。

140万円以下の場合は弁護士と司法書士のどちらに依頼しても基本的には違いはありません。

債務整理における弁護士と司法書士の業務範囲
弁護士 司法書士
交渉・代理権 書類作成 交渉・代理権 書類作成
過払い請求、任意整理(140万円以下)
過払い請求、任意整理(140万円超) ×
個人再生 ×
自己破産 ×

実際の請求額は専門家にきちんと出してもらうのがベストです。
最初の相談は、司法書士、弁護士どちらでも構わないと思います。

弁護士事務所、司法書士事務所の無料相談を利用してみましょう。
また、無料相談をしている複数の事務所からそれぞれ出してもらうとより正確にわかります。

メールで気軽に無料相談が可能!債務整理を得意とするおすすめ事務所【全国無料】


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。