過払い・債務整理にかかる費用

過払い・債務整理を専門家に頼みたいけど、費用面が心配と言う方も多いと思います。
借金の返済に悩んでいるからこそ、法的に解決したいのに、その費用が重荷になっては意味がありませんので、 多くの事務所では後払いOK、着手金0円など負担が少ない料金設定にしています。
このページでは、過払い・債務整理にかかる費用の各項目のご説明と、債務整理ごとに発生する可能性のある費用のご説明をしています。

着手金とは?成功報酬とは?費用項目の説明

過払い・債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)にかかる費用の一覧です。
料金表に書かれている項目は、どのような時に、どんなタイミングでかかる費用なのかを分かりやすくまとめました。
過払い・債務整理に下記の全てが発生するわけではなく、また、下記以外にも発生する可能性もあります。借金の解決方法、事務所ごとの料金設定によって異なりますので事前によく確認しましょう。

相談料

借金問題と言う性質上、相談料を無料としている事務所が多いようです。
相談料無料と謳っていても、初回だけ、初回1時間まで無料と制限があるものから、相談だけなら何度でも無料としている事務所もあります。
ご自身の借金を把握されており、どのような方向性で債務整理するかが既に決まっている方は初回のみでも問題ないかと思いますが、
じっくりと話合いの時間を設けたい、質問したい事がたくさんある方は、何度でも無料を掲げている事務所に相談するのが良いでしょう。

着手金

着手金とは、案件を依頼した際に発生する費用です。「基本料金」と一緒にしている場合もあります。
着手金は、債務整理や過払い請求の結果にかかわらず依頼した時点で発生しますので、例え不成功で終わったり、途中で依頼を辞めたとしても返還されません。
着手金も借金問題と言う性質上、0円としていたり、後払い、分割払いに対応している事務所が多くあります。

基本料金

依頼した際の基本となる料金で、着手金と同様、結果にかかわらず返還されない費用です。着手金とは別に設けている事務所もあります。

報酬金

着手金は成功、不成功にかかわらず支払う費用なのに対し、報酬金は成功した場合に発生する費用となります。
過払い請求、任意整理は債権者の数、取り戻した借金額によって変動する場合がほとんどです。

減額報酬

主に任意整理をした時、減額された借金額によって発生する費用です。
減額報酬10%と設定されている場合、業者の請求額100万円のところ、引き直し計算で60万円まで減額できた場合、減額分40万円に対して10%(4万円)が報酬となります。

その他

個人再生、自己破産の場合、予納金や、印紙代、郵便切手代、その他通信費などが別途かかる場合があります。

< 一覧へもどる


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。