特定調停と任意整理の違い

特定調停 任意整理
費用 貸金業者1社あたり500~1000円で可能。 弁護士や司法書士に依頼する必要がある為、高額になる。
手間 特定調停申立書をはじめ、関係権利者一覧表、財産の状況を示す明細書など資料作成を全て自分で行わなければならないので面倒。 弁護士や司法書士に依頼しているため手間はかからない
債権者からの取立 申立後は止まるが、必要書類の用意などで時間がかかる場合も。 依頼後すぐ止まる。
過払いの扱い 借金の残高から過払い分は減額されない。過払いの返還には別途返還請求が必要。 借金の残高から過払い金を差し引く事ができる。
返済が困難に
なった場合
特定調停によって債務者、債権者双方で合意が得られると調停調書が作成されます。決定した調停調書は、裁判による確定判決と同じ効力を持つ為、その内容に反した場合は直ちに給料差押え等の強制執行をされる場合もある。 法的に強制力はないため、すぐに強制執行にならない。
減額方法 ・引き直し計算による減額
・将来利息のカット
申立対象 複数の債権者がいる場合、特定の債権者のみを対象にできる。

安心&確実な借金解決なら実績豊富の「弁護士」がおすすめ

弁護士への相談が何度でも無料
全国OK、24時間365日OKなど
柔軟な対応が可能です。


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。