特定調停とは

多額の借金を抱え、返済に困窮している債務者に代わり、簡易裁判所の調停委員が債権者と交渉し、返済額を減額させ、返済方法の調整を行う債務整理です。
借金を開始した時点にさかのぼり、利息制限法に基づいた利息の引きなおし計算を行い正しい借入額を算出します。
さらに、将来の利息をカットする形で負債の圧縮を行い、減額された借金を分割して返済する返済計画を作成します。

債務整理の方法としては任意整理と似ています。利息の引き直し計算による負債の減額と、将来利息のカット等の部分は任意整理と同じですが、過払い金の返済には対応していないので、負債から差し引く事ができません。過払い金を返還するには別途、過払金返還請求をする必要があります。

また、任意整理では弁護士、もしくは司法書士に依頼をしますが、特定調停は債務者本人が裁判所の力を借りて交渉を行います。
費用を抑えられると言うメリットがありますが、それによるデメリットもいくつかあります。

ブラックリスト
(信用情報機関への登録)
載る 5年~7年は新たな借金、ローンを組む事、クレジットカードの作成などが制限されます。
官報への掲載 載らない
破産者名簿への掲載 載らない
家族に知られる可能性 手続き自体は家族に秘密でできますが、裁判所からの通知が自宅に届くので同居している家族に知られてしまう可能性はあります。
会社に知られる可能性 自分から言わない限りはありません。
家・車などの財産 手放す必要はありません。
※車のローンを特定調停の対象とする場合は手放す事になります。

特定調停の方法

債務者本人が、債権者の所在地を管轄している裁判所に申し立てを行います。
債権者が複数の場合は、一か所の裁判所で全て取り扱う事ができます。

安心&確実な借金解決なら実績豊富の「弁護士」がおすすめ

弁護士への相談が何度でも無料
全国OK、24時間365日OKなど
柔軟な対応が可能です。


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。