任意整理のメリット・デメリット、適しているケース

メリット
  • 住宅ローンは対象外なので家を手放さなくて済む
  • 自動車ローンが残っていても返済能力があれば手放さなくて済む
  • 今後発生する利息をゼロにすることができる
  • 払い過ぎた利息(過払い金)を差し引く事ができる
  • 債権者からの取り立てがストップする
  • 複数の債権者がいる場合、特定の債権者のみを対象にできる
  • 官報に掲載されないので家族や会社など、第三者に知られる事がない
  • 弁護士・司法書士が債権者に代理交渉するので債務者の負担が少ない
  • 家族・会社にばれずに手続きができる
デメリット
  • 任意整理をしたら信用情報機関に登録される。(ブラックリストに載る)

任意整理に適しているケース

対象者
  • 継続した収入が見込める(任意整理後の借金を3年程度で返済できる)
借金のタイプ
  • 取引期間が長い
その他
  • 家や車などの財産を手放したくない
  • 家族や会社に知られたくない

任意整理は債務整理の中でも多く行われている方法です。
借金の見直しや将来の金利カットなどで返済額は少なくなりますが、借金の一部、もしくは全額が免除されるわけではなく、本来返すべき借金を計画的に返済し、最終的に完済する事が目的です。
ですので、見直しによって借金がどれくらい減額できるか、現在、将来に安定的に収入見込みあり、決められた期間で返済できる能力があるかで任意整理が適用できるか判断します。
今ある借金をどれくらい減額できるかの目安として取引期間の長さがあります。取引期間が長いほど不当な利息を多く払っている事になるでその分削減効果は高くなります。

また、財産を残せると言うメリットもあります。住宅ローンは任意整理の対象にはなりませんし、自動車ローンが残っている場合でも、そのローンを任意整理の対象にしなければ(ローンを返済できるようであれば)手放さなくて済みます。
自己破産ではローンが残っていなくても差し押さえの対象となってしまいますし、個人再生では車のローンが残っている場合は手放す必要があります。

任意整理と同じような債務整理として特定調停がありますが、特定調停は債務者自らが申し立てるのである程度の手間を覚悟しなければなりません。その分費用が抑えられる利点はありますが、裁判所からの通知が直接家に届くので同居家族に知られてしまう可能性があります。任意整理は、司法書士や弁護士に依頼するので、家族に知られる事なく手続きができます。
似たようなケースの場合、費用はかかりますが任意整理の方が負担が少なく、さらに借金の減額も大きいようです。

まずは専門家に相談し、任意整理が難しいようなら特定調停や他の債務整理を視野に入れましょう。

安心&確実な借金解決なら実績豊富の「弁護士」がおすすめ

弁護士への相談が何度でも無料
全国OK、24時間365日OKなど
柔軟な対応が可能です。


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。