個人再生のメリット・デメリット、適しているケース

メリット
  • 負債が原則5分の1、最大で10分の1にカットされる
  • 住宅資金特別条項により、家を手放さなくてもよい
  • 扶養家族が多ければ減額割合が大きくなる
  • 債権者からの取り立てがストップする
  • 借金の理由は問われない(ギャンブルや浪費が原因の借金でも利用できる)
デメリット
  • 官報に掲載されるので第三者に知られてしまう
  • 5年~7年信用情報機関に登録される(ブラックリスト)ので、新たな借金、ローンを組む事、クレジットカードの作成などに制限ができる
  • 手続きに手間と時間がかかる
  • 自己破産と違い全額免除ではない(最低返済額として100万円は返済しないといけない)
  • 圧縮後の借金額は3年以内に完済しないといけない
  • 自動車ローンが残っている場合、車を手放す必要がある

個人再生に適しているケース

対象者
  • 継続した収入が見込める方(アルバイトでも可)
借金のタイプ
  • 住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以下の方
  • ギャンブルや浪費による借金
対象者
  • 自己破産は避けたい
  • 家を残したい

個人再生は、任意整理では返済のめどが立てられないが、自己破産は避けたい、といった方を対象としています。
住宅資金特別条項によってマイホームを維持でき、ギャンブルや浪費などの理由による借金でも利用できるので、負債額が5000万円以下で、アルバイトでも仕事を持っている人は自己破産よりも個人再生をおすすめします。

安心&確実な借金解決なら実績豊富の「弁護士」がおすすめ

弁護士への相談が何度でも無料
全国OK、24時間365日OKなど
柔軟な対応が可能です。


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。