住宅資金特別条項とは

住宅資金特別条項を利用すると、住宅ローンを除外した債務のみに個人再生が適用されるので家を手放なさずに済みます。
住宅資金特別条項を利用するには、以下の要件を満たしている必要があります。

  • 住宅の建設・購入のためのローン、またはリフォームの為のローンであること。
  • 返済が分割払いであること。
  • 抵当権が設定されていて、抵当権以外の担保が設定されていないこと。
    土地のみに抵当権が設定されている場合は不可。
  • 住宅の建設・購入・リフォームのローン以外の借金の抵当権に設定されていないこと。
  • 他人所有、会社所有ではなく、債務者自身が所有している住宅であること
  • 債務者自信が居住しており、建物の床面積の2分の1以上が住居として利用されていること。
  • 保証会社による代位弁済から6ヶ月が経過していないこと。

どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。