個人再生とは

企業の倒産による「民亊再生」の個人版として、2001年に導入された債務整理方法です。

原則として借金を5分の1に圧縮し、3年以内で分割返済すれば残りの借金は免除される仕組みとなっています。
個人再生が利用できる借金の上限は5000万円までですが、額が大きいほど圧縮率も高くなり(最大10分の1)、負担はかなり少なくなります。
また、個人再生では住宅ローンが残っていても、住宅資金特別条項の要件を満たす事により家を手放さずに借金を圧縮する事ができます。

自己破産の様に借金が全額免除とはなりませんが、家を残す事ができ、資格の制限などもないので、物理的・精神的メリットは大きいと言えます。

ブラックリスト
(信用情報機関への登録)
載る 5年~7年は新たな借金、ローンを組む事、クレジットカードの作成などが制限されます。
官報への掲載 載らない
破産者名簿への掲載 載らない
家族に知られる可能性 手続きの際に同居している家族税韻文の給与明細などが必要になりますので、同居家族に言わずに手続きをすることは難しいようです。
会社に知られる可能性 自分から言わない限りはありません。
家・車などの財産 家は「住宅資金特別条項」を利用する事により残す事ができます。車は、ローンが完済していれば残す事ができますが、ローンが終わっていない場合は手放す必要があります。

個人再生の方法

債務者の住所の管轄の地方裁判所に、申立書と必要書類を提出し、個人再生の申し立てをします。
司法書士事務所でも個人再生は対応している事が多いですが、司法書士は裁判所へ提出する書類を作成するのみとなるので、債務者の代理として個人再生を申立てることはできません。
債務者自身が自ら申し立てをすることもできますが(本人申し立て)専門的な知識が必要な為、実際には、弁護士に依頼するのが一般的です。

安心&確実な借金解決なら実績豊富の「弁護士」がおすすめ

弁護士への相談が何度でも無料
全国OK、24時間365日OKなど
柔軟な対応が可能です。


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。