自己破産の誤解

自己破産は更生の余地のある債務者に向けた人生の再スタートの為の救済制度です。
自己破産によって一定の制限を設けられますが、普通の生活ができなかったり、人としての当然の権利を失う等の大きな支障を伴うものではありません。

財産が全て失われる? 原則、20万円以上の資産価値のある財産は差し押さえられますが、生活に必要な家財道具は対象になりません。
家族・親類にも返済させる? 保証人になっていない限り、家族や親せきが借金の肩代わりをする義務はありません。
選挙権がなくなる? 選挙権や被選挙権はなくなりません
戸籍に載る? 自己破産の情報は戸籍に載る事はありません
仕事に支障が出る? 自己破産の事実は勤務先に通知されません。
本人が言うか、自己破産の事実を知る人間が話さない限り、会社に知られる事はありません。
また、万が一自己破産が知られた場合でも、それを理由に解雇はできません。

安心&確実な借金解決なら実績豊富の「弁護士」がおすすめ

弁護士への相談が何度でも無料
全国OK、24時間365日OKなど
柔軟な対応が可能です。


どの事務所を選べば良いか迷っている方はこちら

1,000以上の事務所が登録!
女性専門家、土日・夜間OKなど
柔軟な対応が可能です。